« 叔父さんが亡くなりました | トップページ | いつでもさよならの出来る身になっていますか »

叔父さんのお葬式を終えて

昨日(3月7日)、叔父さんの葬式を終えて帰ってきました。
儀式の荘厳、所作法で間違っているんじゃないかなぁ?ということもありましたが、確認をさせていただくことにとどめ、頑張ることはせずに、お世話いただいている方のおっしゃることに黙って従いました。
叔父さんが生きていたら、私に間違っているから直して貰ってきなさいと命じたと思うのですが・・・。
叔父さんが書き残してくださった儀式のマニュアルがあるので、もし叔父さんのマニュアルが間違っていたとしても、叔父さんの葬儀なのですからそれに従って執行していただきたかったと思いました。

叔父さんは福井大学医学部へ献体をしました。
医学の発展、医学生の勉強のために役立ちたいという願いからです。
叔父さん自身が病弱で医療の世話になったということもありますが、3女が幼い頃に事故に会い、それが元で障害を持ったため長く病院のお世話になり、14・5歳で亡くされているので、叔母さんと共に献体の申し出をされていたのです。
これもいかにも叔父さんらしい立派な姿勢だと思います。

« 叔父さんが亡くなりました | トップページ | いつでもさよならの出来る身になっていますか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 叔父さんが亡くなりました | トップページ | いつでもさよならの出来る身になっていますか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック