« サボり癖 | トップページ | 卒業式 »

晴れやか巣立ちの日

児童の減少に伴い昨年4月に統合されて誕生した輪島市門前町の門前東小と門前西小で20日、それぞれ第1回の卒業式が行われました。
門前東小では23人、門前小では14人が卒業しました。

今時には珍しくないニュースなのですが、私は過疎の現実を改めて思い知らされました。
輪島市門前町というのは、昨年輪島市と合併するまでは鳳至郡門前町でした。
その門前町全体の小学校を門前東・西という2校に統合したのです。
つまり、この2校の卒業生が門前町全体の卒業生なのです。
門前町全体で37人の卒業生、1クラスにおさまってしまう人数です。

これが奥能登の過疎の現実です。
過疎なのは十分理解しているつもりですが、生々しい現実を見せつけられました。

« サボり癖 | トップページ | 卒業式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サボり癖 | トップページ | 卒業式 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック