« 震災13日め-4 | トップページ | 震災13日め-オマケ1 »

震災13日め-5

北島 on 地震3日め-1
http://keiryo-y.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_6c02.html#comment-18390786

コメントをいただいた北島さん、お見舞いに来てくれた本山の職員ですが、私が偶然検索で見つけて愕然とした内容のブログの主でした。

http://blogs.yahoo.co.jp/eijok/1642539.html

現在は本山の職員という立場なのでこの書き込みが広がると都合が悪いかもしれませんが、私にとっては本山の共済に期待するなという義兄の言葉を裏づけするもので、その実態のすさまじさに目の前が真っ暗になりました。
末寺に対して取り立ては厳しいけれども、末寺に対しては思いやりも優しさも全くない宗派なのだと改めて思い知りました。
共済をかけるよりその掛金を積立てていた方がよかったと思いました。

現在の正直な気持ちを明らかにすると、この寺から逃げ出したいです。
大きな本堂を維持する悩みから解放されたいです。
門徒がついているから・・・、門徒にたのめば・・・、それが住職道の常識かもしれません。
しかし、私には年金暮らしのおじいちゃん・おばあちゃんたちに大きな寄付を言い出せません。
それでは住職失格だと言われれば、私は住職失格です。
女房も同じ気持ちです。

そもそも、北前船で栄えた古き良き時代の遺産である大きな本堂は、現在の正覚寺の実情では維持できなくなっていたのだと思います。
それが今回の地震で明らかな現実として突きつけられているのだと思います。

でも、山吹家個人の正覚寺ではありません。
ご門徒に先行きを決めてもらうしかありません。
しかし、その相談がいつできるのかさえ分かりません。
先が見えない、それなのに目の前に傾いた本堂があり、あれこれ考えてしまいます。
それが辛いです。

次へ 震災トップへ

« 震災13日め-4 | トップページ | 震災13日め-オマケ1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

これを機会に、現実的にもてあますほどの大きな本堂になってしまっているので、将来のためにも取り壊したほうがいいという思い、
祖先が残してくれた立派な遺産を取り壊すことに対する批判を怖れる気持ち、
寺をイメージした時に思い浮かべる伝統的な姿形の本堂を失うことに対する不安、
現実的、実用上は集会場的な建物で十分という思い、
様々な住職としての自分の立場で揺れ動く気持ちがあります。

しかし、おっしゃる通り、ご門徒のお寺なのですから、最後はご門徒に決めてもらうしかありません。

でも、どのような方向に歩み出したとしても、ご門徒を含めた社会に対して責任をとり、批判にさらされなければならないのは住職です。
責任転嫁はできません。

私は、見栄を張らずに、町の集会場のような道場で十分という思いを私を含めた門徒全体が共有できるかどうかだと思います。
ご門徒が、大きな既存の本堂を失うことに堪えられなければそれに従うしかないでしょう。

>現在の正直な気持ちを明らかにすると、この寺>から逃げ出したいです。
>大きな本堂を維持する悩みから解放されたいで>す。
>門徒がついているから・・・、門徒にたのめ
ば・・・、それが住職道の常識かもしれません。
>しかし、私には年金暮らしのおじいちゃん・お>ばあちゃんたちに大きな寄付を言い出せません。
>それでは住職失格だと言われれば、私は住職失>格です。
>女房も同じ気持ちです。

・・・自分のことのようによくわかります。。
家はいわゆる前寺です。
ウチの門徒(檀家)さんは6件。
みなさん最低で半壊の状態。
やっぱり寺より自分ちがいちばんですよ。
そんな中、門徒さんに集まってもらって、やもすれば合併という話もなくはなかったです。
でも今までの歴史的になぜここにウチのような寺が残ってきたのかを一緒に考えれたということが今に至っている結果であると思います。
その3年目なんです。
時間はかかります。
本当、「必要でなければ建たない。」というところのギリギリの話でした。
また「なぜ寺が要るんだろう??」なんていうことも毎日毎晩考えさせられました。

確かに年金生活者の方々を思うと心は痛いです。
実際ウチの再建は御依頼しない方向でした・・しかし、門徒さんに怒られました。。
「誰の寺だと思ってるんだ!!」
そのとき気付いたんです。
「俺の寺だった」って。で、恥ずかしながら門徒さんを信じてなかったって・・・

もしそれが必要だと思ったとき、それは大きな動きとなって帰ってくるのではないでしょうか??
逃げることも考えました。
でも逃げたくない。
今思えば、本当につらかった・・・というか今もまだ状況はさほど変ってませんが・・・(笑)
しかし自分がお寺と、門徒さんと何よりも自分と向き合えた3年間だったと思います。これが「震災からの復興は真宗の復興」の第一歩なのかもしれません。

でも奇麗事いってもやっぱり最後はお金なんですよね。。よくわかります・・・ウチも資金難です(笑)あっ。「ウチも・・・」は失礼ですね。。すみません。人事と思えなくて。

北島さんに謝ってもらうことではありません。
本山の共済に期待して、後になってから絶望感を味わうより、震災直後の今のうちに突き落とされた方が楽ですよ。

都合が悪いことはないのですが・・・本当に共済というものにがっかりさせられたことは事実です。
すみません。
批判しても仕方がないのですが・・・本山の人たちの気持ちがわかりません。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災13日め-4 | トップページ | 震災13日め-オマケ1 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック