« 震災12日め-3 | トップページ | 震災12日め-5 »

震災12日め-4

200745_012
200745_013
200745_014
200745_015
200745_016

http://www.nsknet.or.jp/~yamabuki/arubamu.html

輪島はかつて江戸時代から明治時代にかけて北前船で栄えた地。
北前船で栄えたご門徒に支えられていた正覚寺も、大変栄えていたようです。
正覚寺は、明治期に2度の火災にあって、2度本堂を建てています。
私がお参りに出始めた30年前は、まだ明治43年の大火を生きた人がおいでました。
その方々が私に聞かせる話は皆同じでした。
焼け落ちた本堂は、明治初期の火災による再建で真新しく、大きさも造りも大変立派なものであったと。
そして、明治43年の大火後再建された現在の本堂は、貧弱にせざるをえなかったと。
貧弱になったと御門徒が嘆いた本堂が現在の本堂です。
震災にあって改めて見ると、貧弱どころか末寺の本堂としては本当に立派な凝った造りだと思います。
見つめれば見つめるほど、なんとか修復・維持できないものかと思いますが、現状は厳しいと覚悟しています。

次へ 震災トップへ

« 震災12日め-3 | トップページ | 震災12日め-5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災12日め-3 | トップページ | 震災12日め-5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック