« 震災14日め-2 | トップページ | 震災15日め-1 »

震災14日め-3

200747_006
お向いの家のおじさん。
避難先の家へ家財道具を自転車で運んでいるようです。

200747_005
ちょっと玄関の中をのぞかせてもらいました。
フシのないきれいな木目のけやきが使われた立派な造りです。
取り壊し決定なのかと思ったら、市役所の調査待ちだと聞いてちょっと安心しました。
素人目にはとてもしっかりしていて、取り壊すには惜しい建物だと思いました。
おじさんの言葉を借りれば、地震で傾きが直ったそうです。

そうそう、地震からこのブログを書いていて、標準語だと思っていた言葉が標準語ではなかったんだと学習しました。
それは、“かたがり”とか“かたがる”という言葉です。
輪島の人は、傾きをかたがりといい、傾くことをかたがるといいます。
私は、傾がり、傾がるというきれいな標準語だと思っていました。
ところがPCで変換できません。
広辞苑と漢字源まで調べました。
りっぱな方言でした。
地震で教えてもらいました。

次へ 震災トップへ

« 震災14日め-2 | トップページ | 震災15日め-1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災14日め-2 | トップページ | 震災15日め-1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック