« 震災53日目 | トップページ | 震災55日目 »

震災54日目

2007517_002

昨日は何気なくバラス(砕石)を敷くのを見ていましたが、気がつけば、30年ほど前に正覚寺の住居や庫裏を建てた時の基礎と全く工法が違います。
私が知っている基礎というのは、穴を掘ってそこにコンクリートの壁を建ち上げるというものです。
これは全く掘り返すことなく、地面にバラスを敷いてその上にコンクリートの床を作り、そこからコンクリートの壁を建ち上げるようです。
線路の下に敷かれたバラスは、列車の振動を分散して吸収してしまうという効果があるそうなので、こういう構造の基礎も振動には強いんでしょうね。

次へ 震災トップへ

« 震災53日目 | トップページ | 震災55日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災53日目 | トップページ | 震災55日目 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック