« 震災39日目 | トップページ | 震災41日目 »

震災40日目

200753_001

今朝、長男が、「座敷、一段と酷いことになっていない?」と言います。
私は、そんなにはっきり分かるほど変化はないだろう、と思ってその言葉を聞きました。
夜、女房が、座敷の束のズレが大きくなっているような気がする、と言います。
それも、気のせいだろう、と思っていたら、驚きました。
上はたまたま、今日撮った写真ですが、これまでの写真では見えにくかった柱から壁の部材が外れている状況がはっきりと見ることができます。
余震その他で確実に状況が悪化しています。

今日1日、昨日の夕方写真を撮りに来られた建築士さんが出直してくるはずだと待っていたのですが、とうとうお出でませんでした。
たぶん、お知り合いの方がこのブログを見られて、正覚寺の住職が怒っていると伝えられたのでしょう。
本当に建築家として興味があったのならお出でいただければよかったんですが、お出でにならなかったということはやじうま的な興味だったのかもしれませんね。

その代わりに、滋賀と福井の従兄弟がやってきてくれました。
叔母さんの炊き込みご飯、おいしかったです。
やっぱり血の繋がった従兄弟、ストレス発散になりました。

横浜の老人会からお見舞いが届きました。
見ず知らずの方々だと思うのですが、回覧を回して義援金を集めて下さったようです。
また、正覚寺が栄えていた時代に支坊であり、名字も山吹の花の別名を名乗っておられることから本家・新宅の関係だろうと推測されるお寺からもお見舞いが届きました。
お見舞いが届くたびに女房と、私たちに人様の被災に対してこのような行動が取れるだろうかと話し合っています。
皆さんからの激励に照らし出されるのは、私の自分勝手な卑しい心です。

200753_002

次へ 震災トップへ

« 震災39日目 | トップページ | 震災41日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震災39日目 | トップページ | 震災41日目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック