« 能登半島地震 被災92日目 | トップページ | 能登半島地震 被災93日目 -2 »

能登半島地震 被災93日目 -1

2007624_001_1
趣味の塗り物は楽しいです。
初めはどうなるものやらと塗り始めるのですが、塗り重ねるごとにきれいになっていきます。
この頃が迷い始める頃です。
まだ塗り重ねようか、止めようか。
木地の色が透けて見えたり、木目が見えたり、それが模様になります。
塗り重ねると黒くなってしまいます。

実は、私は不器用です。
私の両親はとても器用な人たちでした。
兄もとても器用です。
叔父さん、叔母さんたちも、父方・母方とも皆とても器用な人たちです。
唯一思い当たる不器用な人は、正覚寺の先代住職である祖父です。
たぶん私は隔世遺伝で祖父の不器用さを受け継いでしまったのだろうと思います。
不器用な祖父でしたが、絵はとても上手でした。

不器用な私が塗る山吹塗。
売れなければ生活できないという仕事じゃないから楽しいです。
でも1個だけ8千円で売れたことがあるんです。
友達の店に並べてもらったらシュガーポットが売れちゃったんです。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災92日目 | トップページ | 能登半島地震 被災93日目 -2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災92日目 | トップページ | 能登半島地震 被災93日目 -2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック