« 能登半島地震 被災94日目 | トップページ | 能登半島地震 被災95日目-2 »

能登半島地震 被災95日目-1

2007627_003
朝起きたら、玄関に玉ねぎと蝋燭代の袋が置いてありました。
寺で明日はお参りがあるんだから日常なら珍しいことではありませんが、この袋を置いていかれた方は、地震で家が全壊になりました。
真面目なご夫婦なので、朝早く畑で収穫して、明日のお参りに役立てて欲しいと持って来られたんだと思います。
家が全壊した痛みの中でのお布施に頭が下がりました。

 


2007627_001
能登半島は、海釣りのメッカですが、地元の人たちの間ではアユ釣りも盛んです。
富山の庄川、石川の手取川、福井の足羽川のような大きな川はありませんが、市内の小さな川でもアユが釣れます。
今朝は、役僧さんが今年の初物だと差し入れてくれました。
今夜が楽しみです。

「ごえんさま(住職)、弔ってやってくれ」と、アユやタコ、サザエ・アワビなどが届くことがあります。
お通夜や葬式をするわけではなく、ただ単に私たちのおなかの中へ入っていくだけなのですが・・・。
能登は自然を満喫するには本当にいいところです。

次へ 震災トップへ


« 能登半島地震 被災94日目 | トップページ | 能登半島地震 被災95日目-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災94日目 | トップページ | 能登半島地震 被災95日目-2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック