« 能登半島地震81日目 | トップページ | 能登半島地震83日目 »

能登半島地震82日め

2007614_002_1 
雨が降るとぞっとします。
雨漏りです。
これは本堂の内陣です。

今日は、午前・午後・夜と、ご法事が3軒ありました。
明日の午前中も1軒ご法事があります。
こんな平日に?っと思われるでしょうが、これも高齢化の現象です。
年金暮らしの高齢者の家庭なので、病院や介護などのない日ならいつでもいいんです。
縁者が集まるということもほとんどありませんし・・・。

午前中のお宅は、能登では「ごえんかり」や「ごいんかり」というのですが、旦那寺が遠方(この方は京都)のため、お葬式などの大きな儀式以外は近くのお寺が代理でお参りするのです。
障害者手帳を持つ高齢者夫婦の世帯なので、正覚寺のご門徒ではないのですが、大きなご寄付は期待できないなぁ~と考えてしまいました。
地震があってから、ご門徒の方の顔を見ると、同じようなことを考えてしまいます。
ご門徒を値踏みしているようで嫌らしいですね。

寺の前などで、ご門徒の方に出会うと、ご門徒も不安そうな顔をされます。
たぶん、寺からどのくらいの寄付を頼んでくるのかと心配しておられるのだと思います。
ご門徒の方の心配顔を見ると、申し訳なくなります。
私が寺を壊してしまったわけではないのですが、悪いことをしているような気分になります。

午後は、40歳代でご主人を亡くし、女手一つで家庭を切り盛りしている方の家でした。
介護老人保健施設に勤められているので、勤務が不規則なのです。
お参りが終って、「地震のお手伝いが出来ないから・・・」と、お布施とは別に白い封筒をいただきました。
寄付を依頼されても出来ないという意味だったのでしょう。
お布施の金額を明かすのは不謹慎だと思いますが、その白い封筒には1万円が入っていたようです。
気持ちはよく分かります。
これが正覚寺の現実です。

夜は、食品店を経営するご家庭のお参りでした。
お店と住居はたいした損害はなかったようですが、倉庫は大きな修理が必要なようでした。

明日は、独居老人のお宅のお参りです。
ここもご寄付を期待するのは酷な家庭だと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震81日目 | トップページ | 能登半島地震83日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震81日目 | トップページ | 能登半島地震83日目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック