« 能登半島地震 被災123日め | トップページ | 能登半島地震 被災125日め »

能登半島地震 被災124日め

冬は鍋、夏はバーベキュー、正覚寺は季節ごとに飲み会の場になるのですが、地震以降そういうことができる状態ではありません。
今日、出会った友達が、「進展はありますか?」っと聞くので、「全く先は分からないよ」と答えると、「山吹さんのところでは飲めないから、俺の家にでも集まってこそっと飲もうよ」
元気をつけてやろうと相談してくれているようです。

それにしても、柏崎・刈羽原発は危なかったようですね。
まだまだ調査すらできない状態のようです。
能登半島地震時には、たまたま志賀原発の2機とも停止状態だったので、北陸電力はホッとしているのではないかと思います。
東海地震が心配される浜岡原発など、いつどこで大地震が起こっても不思議ではない日本列島、全ての電力会社は不安な思いをしているのではないでしょうか?

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災123日め | トップページ | 能登半島地震 被災125日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災123日め | トップページ | 能登半島地震 被災125日め »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック