« 能登半島地震 被災127日め | トップページ | 能登半島地震 被災129日め »

能登半島地震 被災128日め

正覚寺の裏で2軒の新築工事、隣で外壁工事、前の家はトイレの改修工事。
ドンドンと工事の音が聞こえますが、どこの音だか分かりません。

正覚寺の前の道路は、河井浜の臨時の廃材置き場へのダンプの通り道。
大きなダンプが通ると家が揺れます。
特に信号待ちから発進すると大きく揺れます。

正覚寺の前の道路は、国道249号線です。
国道に面した寺ということで、訪ねてこられる方が分かりやすいということはあります。
しかし、輪島のメインストリートとして車の交通量も多く、寺の前の交差点には信号があり、出入りなどで不便を感じることも多くあります。
その上、大型車が通ると揺れます。

現在、国道249のバイパス工事が行われています。
また、河井浜の埋立とともに朝市駐車場から抜ける道路も新たに設けられるものと思われます。
それらの道路ができれば、正覚寺前の道路の交通量、特に大型トラックやバスの交通量が減るのではないかと期待しています。

今夜は、正覚寺責任役員・総代といった役員と正覚寺復興委員会との第1回合同会議です。
大まかな方向性、門徒総会について決められるのではないかと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災127日め | トップページ | 能登半島地震 被災129日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災127日め | トップページ | 能登半島地震 被災129日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック