« 能登半島地震 被災111日め | トップページ | 能登半島地震 被災113日め »

能登半島地震 被災112日め

2007714_002
裏の分譲地です。
2軒目が建てられるようです。

台風は太平洋側のコースを進むようなので、直撃がなくなりちょっと安心しました。
しかし、輪島に被害がないわけではありません。
この連休は、宿泊施設が満員状態だったようなのですが、多くのキャンセルが出ているものと想像できます。
輪島の経済にとっては痛手です。
正覚寺へも東京から慶應大学OBの方たちが訪ねて来られるはずだったのですが、延期になりました。

これまでは一人であれこれ心配していたのですが、正覚寺復興委員会ができ、設計士さんを依頼し、それらの人と相談ができるようになってそれだけ精神的な負担が軽くなりました。

単に建物を復旧するというのではなく、輪島と正覚寺の将来を見据えて、復興委員会の方々と共に今後の正覚寺の経営・運営を企画し、復興していきたいと思っています。
鐘楼堂の解体撤去同様、本堂を修復しても改築しても、様々な批判、評論の声にさらされると覚悟しています。
私は、外からの意見に振り回されることなく、御門徒の皆さんと共に正覚寺の進むべき道を選択していきたいと思っています。
見栄えや体裁を気にしたくてもそんな余裕はどこにもないというのが現実なのですから。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災111日め | トップページ | 能登半島地震 被災113日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災111日め | トップページ | 能登半島地震 被災113日め »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック