« 能登半島地震 被災110日目-1 | トップページ | 能登半島地震 被災111日め »

能登半島地震 被災110日め-2

午前中、解体の見積りを依頼した業者の方たちが見にきました。
そんなことは依頼したつもりはないのに、全て手で解体するという話しになってしまっていました。
宮大工さんたちを連れてきたようなので、そういう話しになってしまうのでしょう。
解体修理するような資金があるなら、曳き屋の引き起こしの修理で話しがそのまま進んでいます。
本堂となると一般の住宅ではないので、すぐに話しが大げさになって、どうも話しの通じが悪いです。

① 過疎・高齢化と震災で、億の資金が準備できないこと。
② 今後ますます過疎になっていくので、大きな本堂の維持ができなくなること。
③ 大きな本堂が必要ではなくなっている現状。
などを説明し、改築を検討していることを理解してもらいました。
悪事を企てている者が尋問されて、言い分けをさせられているような気分になります。
設計士さんなど正覚寺の立場で交渉してくれる専門家がいれば助かるのですが、ど素人の私一人が専門家たちの相手をしなければならないので、疲れます。

外へ出たら、どうして鐘楼堂を撤去したんだと問われました。
簡単に直せたのに・・・という口ぶり。
国道に倒れて県警のレスキューによる撤去依頼があったことなどを説明しましたが、これも悪事を働いたことを責められている気分がします。
そんなことを言うなら、震災直後に駆けつけて指示してくれればいいじゃないか!と思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災110日目-1 | トップページ | 能登半島地震 被災111日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
中越震災で被災した小千谷市の福生寺の修復
の様子をブログに書かせていただいております。
http://blogs.yahoo.co.jp/kateinobousai/48338810.html
「能登の皆さんの励ましになれば」と御住職の
御好意により公開させていただいております。

お疲れのことと思います。
修復、新築にしても一旦中のものを運び出す必要があると思います。
日程が決まりましたら、ご連絡頂ければ仲間と共にお手伝いに行きたいと思います。
遠慮なくご連絡ください。
今週末も、仮設集会所の活性化を考え、輪島の仮設にマッサージチェアを届けようと思っています。私がいけなければ、仲間が行きます。
決して能登は忘れ去られていません。
頑張ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災110日目-1 | トップページ | 能登半島地震 被災111日め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック