« 能登半島地震 被災148日め | トップページ | 能登半島地震 被災150日め »

能登半島地震 被災149日め

1355
今日は、映画「夕凪の街 桜の国」を観るためだけに金沢まで往復しました。
本当に観てよかったと思いました。
そして多くの人に観て欲しい映画だと思いました。

http://www.yunagi-sakura.jp/
__映画『夕凪の街 桜の国』OFFICIAL SITE___

==========================================================================

もっと早く戦争が終わっていたら、広島、長崎に  
 原爆は落とされなかったのです。  
 どんな戦争にも正義はありません。  
 一人でも多くの方に、この映画を観て頂きたいと思います。  
 そして、二度とこのような悲劇が起きないように願っています。  
 
                             吉永小百合

http://www.yunagi-sakura.jp/comment.html

==========================================================================

どうしようもない事情から始めた戦争であったかもしれません。
しかし、特攻や玉砕までさせて自ら犠牲者を増やし、戦争を長引かせたことに何の意義があったのでしょうか?
もっと早く戦争を止めていたら、沖縄も全国の都市の空襲もなかったでしょう。

靖国神社に英霊としてまつられているのは銃を持って日本兵として戦って亡くなった人だけです。
同じ英霊として靖国神社にまつられている中にも、特攻・玉砕を命じた人もいるでしょうし、その命令により特攻・玉砕させられた人もいるでしょう。
一億総玉砕を唱えて戦争を長引かせて、日本全土の都市に空襲を受けるような状況を作った人は英霊ですが、空襲で亡くなった一般国民はどこにもまつられていません。
戦没者は靖国神社の英霊だけではありませんし、国という立場での鎮魂・慰霊というなら、自ら進んで戦って死んだ職業軍人より、強制的な徴兵により亡くなった人、沖縄の地上戦や原爆を含めた空襲などで亡くなった一般国民、そういう人達こそ国が頭を下げるべき人たちだと思います。
お国のために戦って亡くなった人もいますが、お国のせいで亡くなった方も大勢います。

そして、原爆だけではありません。
原子力発電所が事故を起こして大量の放射能が放出されれば、日本の多くがヒロシマ・ナガサキになってしまいます。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災148日め | トップページ | 能登半島地震 被災150日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災148日め | トップページ | 能登半島地震 被災150日め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック