« 能登半島地震 被災137日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災138日め »

能登半島地震 被災137日め-2

2007716_005
正覚寺裏の分譲地の建前。

今朝、10時前に電話がありました。
千葉のご門徒の方のお墓の場所の問い合わせ。
場所を教えてあげたら、すぐにお参りに来れないかと言われました。
お断りしました。

年に何回かあるのですが、今すぐお参りしてくれないかと言われますが、私はお断りします。
あたふたと身繕いをして駆けつけてお経を読んで・・・、そういうやっつけ仕事はしたくありません。
わざわざ遠方からやってきたと言われますが、わざわざ遠方からお参りに来られるほど大切なお参りなら、どうして前日でもいいから連絡をしないんだと伝えます。

どうも寺に住む僧侶は暇そうにいつも待っていると思われているようです。
現代人は、コンビニに象徴されるように、いつでもなんでも手に入ると思っているようです。
お寺が店で、お経を並べて売っているのなら、いつでも持っていって下さい。
でも、そうではありません。

夕方、お付き合いしている仏具屋さんが寄っていかれました。
本堂が解体の可能性があると伝えると、惜しい、もったいない、何とかならないか・・・。
そうなんですけど、過疎地の現状では厳しいです。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災137日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災138日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災137日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災138日め »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック