« 能登半島地震 被災166日め | トップページ | 能登半島地震 被災168日め »

能登半島地震 被災167日め

Photo
これは、経済・金融・企業情報といった内容が主のビジネス誌です。
いわゆる労働運動をするような人ではなく、経営者、投資家といった人が読む雑誌です。
原発に関しては、どちらかと言えばこれまで原発を推進してきた側の人たちが読む雑誌です。
そういう雑誌にも、中越沖地震による柏崎刈羽原発の被災により原発の危険性の特集記事が組まれるようになりました。

この雑誌ばかりではありません。
これまで立場上、推進側の立場で安全性をPRすることはあっても、立場上、決して危険性を口にすることのなかった東京大学をはじめとした国立大学教授という肩書きの方々も、テレビや新聞などで堂々と危険性を述べられるようになりました。
これまで、原発反対といえば、国策というお上の政策に楯突く危険思想の持ち主のように見られがちでしたが、その危険性が広く認知されることになったように感じています。

今日は、こんな記事を見つけ、早速署名させてもらいました。

柏崎刈羽原発:坂本龍一さんら、ネットで運転再開反対署名

「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」
https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/


先日は、下記のようなニュースもありました。

(時事通信) 2007年9月4日(火)16:47

 福井県は4日、運転中の関西電力大飯原子力発電所1号機(福井県おおい町)の原子炉補助建屋内で、放射能を含む一次冷却水が約3.4トン漏れたと発表した。漏えいにより、微量の放射能が排気筒から外部に放出されたが、周辺への影響はないという。関電は原子炉を手動停止させ、詳しい原因を調べる。

==========================================================================

また、東海地震による浜岡原発の事故も心配されています。

次へ 震災トップへ 


« 能登半島地震 被災166日め | トップページ | 能登半島地震 被災168日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災166日め | トップページ | 能登半島地震 被災168日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック