« 能登半島地震 被災179日め-2 | トップページ | 能登半島地震 被災181日め »

能登半島地震 被災180日め

Rennyo
昨日読み終えた本です。
蓮如上人の御遠忌が終って10年になろうとしているのに、なぜ今ごろ蓮如なんだと思われるでしょうが、先日、3男と一緒に行ったブックマーケットという古本屋で見つけた1冊なんです。
五木寛之という人の文章は理屈っぽくて読みにくいという印象があり、ましてや岩波新書なので最後まで読む自信がなかったのですが、スラスラと読めました。
あらためて蓮如上人という方の凄さを感じましたが、宗教者・聞法者としての凄さ、経営者としての凄さ、どういう面で蓮如上人を見るかによって評価が違うのだろうと思いました。
応任の乱から戦国時代、一向一揆という動乱期に、焼かれては逃げ、逃げては建てを繰り返し、逃げながら逆に勢力を拡大していった蓮如上人という方は私にはスゴイとしか表現のしようがありません。

平成という平和な時代、私には正覚寺という末寺の本堂一つでさえ復興する自信がありません。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災179日め-2 | トップページ | 能登半島地震 被災181日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災179日め-2 | トップページ | 能登半島地震 被災181日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック