« 能登半島地震 被災から207日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から211日目 »

能登半島地震 被災から210日目

今夜は午後7時から、本堂の復興に関する正覚寺門徒総会でした。
出席予定の返信37通に対し50人を越える出席、104通の委任状でした。
第1案現本堂を修復する、第2案新様式の本堂に改築するという2案で審議してもらいました。
色々な質問を出してもらって審議を進めてもらいました。
現本堂は規模が大きいので単純な建て起こしは不可能なこと、総ケヤキ造り(一部栗材)という立派な部材なため部材の再利用は不可能なことなどを説明させてもらいました。
第1案への賛成者は1名という圧倒的な大差で、新様式の本堂に建て替えるということになりました。
これから能登半島の北端に位置する輪島には厳しい季節風が吹きます。
早速、設計士さんと解体屋さんで打ち合わせしてもらって年内に解体してもらいます。
ただ、本山の共済の給付金が不明ですので、新築の予算立てができません。
具体的な新築案はこれからです。
正覚寺の役員さん、復興委員会の皆さんにはこれからますます会合を重ねて知恵を出して頂かなければなりません。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から207日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から211日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から207日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から211日目 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック