« 能登半島地震 被災から202日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から205日目 »

能登半島地震 被災から204日目

十数年前にナホトカ号というロシアの古いタンカーの事故があり、タンカーから流れ出した重油で福井県から能登半島が汚染されたことがありました。
特に輪島から珠洲市にかけての汚染が大きく、大学の授業で、先生の紹介でわが家へ慶應大学の学生たちが数人やってきたことがありました。
それがキッカケとなり、付き合いを続けている人たちが震災のお見舞いに昨日・今日と訪ねて下さいました。
一人は、頑張って今年司法試験に合格しました。
一人は、アメリカ留学を経て、大手新聞の記者をしています。
一人は、会社勤めを経て、結婚し、市役所の職員になっていました。
それぞれしっかりと自分の道を歩んでいる姿にうれしく思いました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から202日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から205日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から202日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から205日目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック