« 能登半島地震 被災から229日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から231日目 »

能登半島地震 被災から230日目

今日の参詣は、30~40名でした。
例年からすると若干少なめのような気がします。
本堂が使えないので、午前中にお逮夜(前日の午後のお参り)を勤めて、お斎(昼食)を食べていただいて、午後はお参りをなくしました。

報恩講といえば精進料理、ところが漁師さんのご門徒にはそんなことは関係ありません。
今日は、トロ箱一杯のイカをいただきました。
参勤して下さった僧侶方に御礼としてお分けしました。

今日の昼過ぎに造園業の方が庭木などを見に来て、残すべき木を指定し、大切な木を預かってくれることになりました。
夕方には、仏具屋さんが来て、設計士さんと打ち合わせをし、今日、明日で大きな仏具を運び出して預かってくれることになりました。

Shumidan
前回までの打ち合わせでは、設計士さん、仏具屋さんとも使わないということになっていた須弥壇ですが、今日の打ち合わせで寸法を小さくして再利用することになりました。
須弥壇の上の宮殿は、使えない、使わない方がよいようです。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から229日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から231日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から229日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から231日目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック