« 能登半島地震 被災から244日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から246日目 »

能登半島地震 被災から245日目

20071124_2
防風スクリーンが取り払われた本堂は、服を脱がされて裸にされたように見え寒そうです。
スクリーンに囲まれている時にはわかりづらかった御拝の柱の傾きが見えるようになりました。

明日から輪島の多くのお寺で一斉に報恩講が勤められます。
お参りできるようにと25日から28日まで午後の日程は空けてあったのですが、皮肉にも2軒続けてお葬式になってしまいました。
農協の葬祭会館ができてからは、お葬式が葬祭会館の順番待ちという状態で、2軒目のお葬式はそのせいだと思うのですが、27日のお葬式になりました。
27日は報恩講大逮夜の日、出仕の約束を反故にしなければならなくなり申し訳なく思っています。
世の中は思い通りに回ってくれません。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から244日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から246日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から244日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から246日目 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック