« 能登半島地震 被災から243日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から245日目 »

能登半島地震 被災から244日目

20071123_002_2
防風スクリーンが解体されました。
正覚寺は、海岸から約200m(埋立により現在は450m)の距離で、海岸に向かって北向きに建っています。
冬ばかりではなく、年中、雪や雨が吹きつけるので防風スクリーンを設置していました。
軒まで既製品の部材が間に合うギリギリの高さのため柱は太いものが使われ、当初はもったいないので再利用する予定でした。
しかし、再利用できるように解体するためには費用がかかり、小規模なものなら新設した方が安上がりなため、再利用は断念しました。

今日の午後、52歳という若さで亡くなった方のご法事にお参りさせて頂きました。
同じ町内であったため時々車ですれちがいました。
とてもシャイな方でぶっきらぼうに口を聞く人でしたが、とても優しく思いやりのある人でした。
お仏壇の横に写真が飾られていましたが、お経を読む目の前に照れ臭そうな笑顔が浮かびました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から243日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から245日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から243日目 | トップページ | 能登半島地震 被災から245日目 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック