« 能登半島地震 被災から255日め | トップページ | 能登半島地震 被災から257日め »

能登半島地震 被災から256日め

20071205_001
冷たい冬の雨の中、今日も作業が続けられました。
本堂裏手から東側の隣家に面した最も緊張する箇所の解体作業です。
20071205_015
無事、隣家に損害を与えることなく解体ができました。
20071205
虹梁を丁寧に外しています。
柱は諦めました。
柱の処分に関しては、事情の分からない人たちからもったいないことをしたと批判されるだろうと覚悟しています。

正覚寺は、本堂を解体して小さな葬祭会館を建てるとウワサされているそうです。
集会所のような建物になるのですから、会館だというのも間違ってはいません。
そういう批判は想定済みですから気にしません。

 

20071205_006_2
午後は、霊高寺さんというお寺の報恩講にお参りさせて頂きました。
数年前、火事で全焼し建て直されたお寺です。

今夜は、正覚寺復興委員会の忘年会です。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から255日め | トップページ | 能登半島地震 被災から257日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から255日め | トップページ | 能登半島地震 被災から257日め »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック