« 能登半島地震 被災から259日め | トップページ | 能登半島地震 被災から261日め »

能登半島地震 被災から260日め

20071209_002
正面から見た今日の風景。
寂しくなりましたね、とよく言われるのですが、私は薄情っていうのか、ドライっていうのか、そういう感情はありません。
逆に、震災以来8ヶ月余りが経過してようやくここまでたどり着き、一段落という感じです。

 

毎日、色々と質問をされます。

解体した柱はどの程度使えるのですか?
さぁ~?設計士さんか大工さんに聞かないと分かりませんねぇ。

○○組さんは土木工事が専門のようですから建築はできませんよね?
さぁ~?それは○○組さんに聞かなければ分かりませんねぇ。

柱などの大きな部材は細かくしなければ輪島の処分場では受け入れてもらえませんよね?
さぁ~?それは解体屋さんか処分場に聞かなければ分かりませんねぇ。

などなど、私には答えられない質問が多くて、「さぁ~?」っという返事ばかりしています。

 

居間にいると、トンカントンカンという音が聞こえてきます。
隣の家の基礎工事のようです。
忙しいので日曜日でも仕事をしているようです。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から259日め | トップページ | 能登半島地震 被災から261日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から259日め | トップページ | 能登半島地震 被災から261日め »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック