« 能登半島地震 被災から261日め | トップページ | 能登半島地震 被災から263日め »

能登半島地震 被災から262日め

20071211_002
今朝からの大型ダンプでの搬出・撤去作業風景。
手慣れた(手荒い?)親方の重機操作と違って、作業員の作業は慎重、丁寧です。
上手・下手は分かりませんが・・・。

手前に横たわっているのは御拝(本堂の玄関)の虹梁と柱です。
保管場所が確保できないためにここに横たわっているようです。
これが妨げとなって境内の利用が不便な状態で、少しストレスになってきました。

昨日、解体屋さんから電話があり、市役所の環境対策課へ廃棄物搬入の申請書が出されていないから出すようにとの依頼がありました。
聞けば、申請をしないで解体・搬入をすると50万円の罰金が科せられるとのこと。
でも、市役所の環境対策課へ相談に行った時に、解体時に正覚寺(山吹)として何かすることはあるのかと質問をしたら、解体前に解体業者が知らせてくれれば・・・という返事で、私がすることは何もないということでした。
解体前の打ち合わせの時に、解体屋さんに市役所へ知らせてくれたか?と聞いたら、市役所へ行ってきたというので安心していました。
それに、県の土木からも市役所からも当方へは直接指示・問い合わせはありませんでした。
どうも、市役所と業者の間の手落ちであったようなのですが・・・。

20071211
会館(庫裏)との接合部分の解体はドキドキします。
ドッシャン・ガシャーンという音がすると、残す建物まで壊してしまうのではないかとヒヤヒヤします。
壁が一部損傷するのは覚悟していますが、無事大きな損害を出さずに解体されることを願っています。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から261日め | トップページ | 能登半島地震 被災から263日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から261日め | トップページ | 能登半島地震 被災から263日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック