« 能登半島地震 被災から280日め | トップページ | 能登半島地震 被災から282日め »

能登半島地震 被災から281日め

午前中は、叔母さんのお寺の代理で諷経(お葬式)のお参りに行ってきました。
旦那寺から2名のお参りで、住職が導師、中学生の住職の息子さんが導師の補佐役をされました。
中学生の息子さんに昨夜特訓をしたそうですが、導師に七条を着けて上げることはできませんので私がお手伝いをさせて頂きました。
私を含めて僧侶は3人だけだったので、私がいなかったらどうされただろうと思いました。
お葬式に向かう時は小雨でしたが、帰りはみぞれ~雪でした。

午後、正月の準備をしました。
しかし、何もすることがありません。
本堂がありませんし、鐘楼もありません。
正月が来るという気分になりません。

20071230_002
今朝の新聞に折り込まれていた気多大社という羽咋市にある能登一の宮のチラシです。
テレビコマーシャルもしています。
無料駐車場などから10分おきに無料シャトルバスを運行するそうです。
元日午前0時には1千発の花火も上がるようです。
これだけでもかなりの経費でしょうが、経費をかけてもなお十分な収入があるということです。
宗教離れが進んでいるといわれる現代ですが、神社に対する信仰心は衰えてはいないということなのでしょうか?
チラシに片隅に、「きもちもキレイにしなくちゃ。」と書いてあります。
「願い事がかなう」というのが神社神道だと思っていたので、きもちがキレイになるというのには驚きました。
キレイな景色を見て「心が洗われるよう」という日本人ですから、神社にお参りして心が洗われたと思う人もいるのかもしれません。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から280日め | トップページ | 能登半島地震 被災から282日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から280日め | トップページ | 能登半島地震 被災から282日め »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック