« 能登半島地震 被災から298日め | トップページ | 能登半島地震 被災から300日め »

能登半島地震 被災から299日め

20080117_001
真冬状態です。
そんな天気の中でも解体工事が行われています。

時々、団扇太鼓や鈴の音が聞こえます。
日蓮宗や曹洞宗、真言宗の方々が寒修行の托鉢に回っておられるのだと思います。
浄土真宗でよかったと、正直思います。

今夜は役僧(導師・住職を補助する僧侶)さんのお父さんのお通夜です。
役僧さんは3男で、長男であるお兄さんが喪主で、正覚寺のご門徒ではありませんが、お通夜とお葬式はお参りさせて頂きます。
役僧さんのお父さんは92歳で、小柄ながら布袋さんのような体形のとても元気な方で、徒歩10分から15分の距離を歩いて銭湯に出かけていました。
寒い中を銭湯に出かけて、風呂場で倒れられて亡くなったそうです。
役僧さんは、「正覚寺の本堂が再建できたら、第1号にウチの爺ちゃんの葬式をしてもらう」という冗談を口癖にするほど元気な方だっただけに驚きました。
御文の「今日とも知れず、明日ともしれず」という言葉の通り、人間のいのちのはかなさを感じます。

20080117_006
正面の塀はキレイに解体されてしまいました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から298日め | トップページ | 能登半島地震 被災から300日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から298日め | トップページ | 能登半島地震 被災から300日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック