« 能登半島地震 被災から308日め | トップページ | 能登半島地震 被災から310日め »

能登半島地震 被災から309日め

今朝、お参りに伺った家のお婆さんは、昨日の地震の時は目が覚めていたそうです。
ゴーっと言う音に、風かな?っと思ったら地震だったとのことでした。
地鳴りがするほどの大きなエネルギーの地震だったんだと思いました。

ご法事のお斎(食事)の場で質問を受けました。
義兄の一周忌に合わせて先祖の法事を勤めたいと思うのだができないか?という質問でした。
私は、問題なくお勤めできますよとお答えしましたが、満中陰(四十九日)法要の折に檀那寺へお願いしたら、喪中のお勤めと先祖のおめでたい法事は一緒にできないと断られたということでした。
私は、正覚寺の住職に尋ねたら問題なく勤められると教えてもらったと言ってもらってかまわない、とお返事しました。
また余計なことを言う奴だと思われるかもしれません。

その質問をされた方と話していたらとても酔った気分になりました。
食前酒の猪口一杯程度の白酒が効いたのだと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から308日め | トップページ | 能登半島地震 被災から310日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から308日め | トップページ | 能登半島地震 被災から310日め »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック