« 能登半島地震 被災から327日め | トップページ | 能登半島地震 被災から329日め »

能登半島地震 被災から328日め

080211chiri_20fri_3
NHKの連ドラ「ちりとてちん」
天狗座での「草若弟子の会」の日、出番前の楽屋へ、師匠の草若の突然容態が悪化し危篤だと連絡があります。
息子の小草若は、落語の高座の機会は今後も多くあるからと、落語の高座には上がらずに病院へ駆けつけようとします。
兄弟子の草原は、病院へ行くなら高座の穴は自分が代わりに埋めるから・・・と言いますが、さらに一言、それでいいのかと聞きます。
師匠が身を削るように教えてくれた「地獄八景」という演目、それを演ずることが師匠(親)の恩に報いることか、病院の枕元へ駆けつけることが師匠(親)の願いに応えることか、小草若は問われたのだと思います。
結果、小草若は演劇場に残り高座を勤める決心をしました。
育てられて生かされている恩、それに感謝することは当然ですが、その恩に報いるとはどういうことか、そこに私たちの生きざまが問われていると思います。

今日は、千葉県の方から寄付の振込がありました。
去年の春にご主人を亡くし、障害者で働くことのできない息子さんと二人で暮らしておられる方です。
寄付はできないと断られる事情を抱えた中でのご寄付に本当にありがたいと思います。

午後は、金沢の近郊までお参りに行ってきました。
退職した娘さんとお母さんの二人暮らしです。
金沢などの遠方へ引っ越された方の多くが正覚寺を離れていかれる中で、こんな私がお参りに行くことを待って下さる、これもありがたいことです。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から327日め | トップページ | 能登半島地震 被災から329日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から327日め | トップページ | 能登半島地震 被災から329日め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック