« 能登半島地震 被災から331日め | トップページ | 能登半島地震 被災から335日め »

能登半島地震 被災から332日め

20080219_012
今日の午前中、地盤調査が行われました。
正覚寺の地盤は、田んぼの埋立地です。
それも明治末期~大正初年の埋立ですから、軟弱なのだと思います。
20~30センチも掘れば田んぼの土で水がわき上がってきます。
そういう軟弱な地盤も地震の被害が大きかった原因の一つでしょう。
調査結果により、表層の地盤改良のみでよいのか杭が必要なのか判断されるようです。

20080219_008

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から331日め | トップページ | 能登半島地震 被災から335日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から331日め | トップページ | 能登半島地震 被災から335日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック