« 能登半島地震 被災から321日め | トップページ | 能登半島地震 被災から323日め »

能登半島地震 被災から322日め

080209_140856
今日お参りに伺った家も88歳のお婆さんの一人暮らしです。
こんな歳になるまで生きてると思わなかったと言われます。
そして、年を取って皆に迷惑をかけて申し訳ないとおっしゃいます。
私は、そんなに多くない正覚寺門徒だけど、3人の100歳を越えたお婆さんがいらっしゃるから88歳なんて今の時代ではまだまだ若いと思うこと、
そして、人は誰でも生まれた時から誰かに迷惑をかけずには生きられないんだから、迷惑をかけているのはお婆さんだけではないとお答えしました。
このお婆さんの家も、蔵や塀が全壊になるなど大きな被害を受けました。
銭湯へ通うのが困難なので風呂だけは作り直したとのことでした。

この家へ向かう途中で正覚寺の近所のお婆さんに出会いました。
お寺も大変なことやねぇ、という言葉に続いて、3千円でも5千円でも気持ちだけお手伝いさせていただきたいと思っていますとおっしゃいました。
このお婆さんは川向こうの先輩のお寺のご門徒だけに、この言葉がとても暖かくありがたく思いました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から321日め | トップページ | 能登半島地震 被災から323日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から321日め | トップページ | 能登半島地震 被災から323日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック