« 能登半島地震 被災から372日め | トップページ | 能登半島地震 被災から374日め »

能登半島地震 被災から373日め

午前中、設計士さんと見積りをしてくれた業者へ挨拶に回りました。
寺は本堂が出来上がってしまえばそれでおしまいってわけではありません。
これまでも毎年のように建物・境内地の修繕・改修を行ってきました。
これからもそうであろうと思います。

午後、お参りに伺った家での話題は、新本堂について。
お婆さんを前にして、新本堂を使ってどのようにお婆さんのお葬式を行うか。
お婆さんまでがその話題に参加していました。
お寺でお葬式をして欲しい、それがお婆さんの願いです。
とりあえず、今日の結論は、本堂が完成するまでお婆さんが元気でいること。
そして、お婆さんが新本堂をお参りしてみて、それから考えようということになりました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から372日め | トップページ | 能登半島地震 被災から374日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から372日め | トップページ | 能登半島地震 被災から374日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック