« 能登半島地震 被災から344日め | トップページ | 能登半島地震 被災から346日め »

能登半島地震 被災から345日め

鹿児島大学第三内科教授 納 光弘先生
専門医が痛風になって ──患者の立場からみた痛風──


昨日から再び痛風のプチ発作、左足の裏に腫れた感じと甲に痛みがあります。
先月26日に作業をして頂いたお礼にご馳走をした時、その方たちと一緒に飲んだ以外はアルコールを飲んでいないので、酒だけが原因ではなさそうです。
復興委員会などでかなりストレスを感じていたので、その影響も大きいように思います。
上記のホームページを読むと、ストレスでも尿酸値が上がることがわかります。

上記ホームページで痛風のことを勉強させてもらいましたが、面白かったのはストレスのことです。
ストレスというと悩み事とか仕事の疲れを思いますが、そうではないみたいです。
わくわくすることもストレスになるようです。
大好きなゴルフにわくわくしてそれがストレスになる、先生はそのように書いていました。
人間の気持ち、心というのは複雑で難しいと改めて感じました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から344日め | トップページ | 能登半島地震 被災から346日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から344日め | トップページ | 能登半島地震 被災から346日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック