« 能登半島地震 被災から399日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災から400日め »

能登半島地震 被災から399日め-2

Photo
今日の朝日新聞の記事を引用します。

===========================================================

 能登半島地震から1年がたった。信仰に篤いこの地域には大小2千の寺があり、400力寺以上が被災した。高齢化・過疎化で減る一方の檀家は、被災者でもあり、寺の再建費用を負担してもらうどころではない。今なお遠い再建ヘの道を探りつつ、僧たちは信仰のあり方を問い直している。

 地震から1年たった3月25日、石川県輪島市(これは七尾市の間違い)に真宗大谷派の寺の住職らが集まった。
 「門徒も地震で困っております。せめて共済で本堂の復興ができるよう、信頼できる本山の対応をお願いします」 震源に最も近い長教寺(同県志賀町)の大乗大城住職(72)が、直訴状を読み上げた。本堂は礎石の上を7~14㌢すべり、柱が割れて折れた。地域で「幸福の鐘」として親しまれてきた鐘楼は全壊したまま。本堂の損傷程度は「半壊」で、応急的な修復に752万円かかった。だが宗門の共済は「ゼロ査定」。見舞金60万円が支払われただけだった。宗教法人である寺院の本堂は、復興支援の対象外。僧が住む庫裏も多くが本堂と一体で、住宅再建支援制度の利用には厳しい審査が必要だ。
 檀家は70軒。居宅は軒並み半壊で、再建費用を募るのもはばかられる。「住職さん、はよ直すまし」と声をかけられるが、「どうしようもならん。自分自身が本当に宗教を必要としているのか、問われている」と話す。

 山崩れが起き、全33世帯が避難した深見地区(輪島市門前町)春、周辺に自生するユキワリソウの花を見にきた観光客を、4カ月前にようやく仮設住宅から戻った住民が案内していた。その中に養福寺の高滝章住職(61)の姿もあった。
 寺の土台は30力所にひびが入り、柱がずれ、壁が落ちた。門を直すだけで130万円かかったが、28軒の檀家は全壊2軒へ半壊7軒で「よう言い出されん」。再建はあきらめた、という。「あと5年もすれば年寄りばかりの檀家は半分に減る。このまま、廃寺になるんだろう」

 同町黒島地区の福善寺のように損壊し、いまだに住職が仮設住宅で暮らす寺もある。

 本山と末寺の“格差”もある。曹洞宗の本山だった總持寺祖院(輪島市門前町)は、明治期の大火で移転した先の大本山總持寺(横浜市鶴見区)などからの支援で、2億円かけて僧堂の再建を始めた。6月には棟上げの予定だ。
 一方、すぐそばの末寺・興禅寺は庫裏と本堂が全壊し、今も更地のまま。山門と「再生」と墨書された賽銭箱、塔婆だけが寺の名残。市堀玉宗住職(52)は昨年6月から、再建費用を集めようと能登半島を托鉢している。今は2巡目。歩きながら考える。「寺って何だ?誰のものだ?」。托鉢に応じてくれるのは、せいぜい10軒に1軒。それでも 「ありがたい」と思う。「心あるものの修行の場として、寺を再興する意味はある」

 半分の規模で再建を目指すのは正覚寺(輪島市)だ。本堂は600平方㍍から300平方㍍に縮減し、バリアフリーの公民館型にする。山吹啓住職(52)は「屋根に十字架を上げれば、すぐ宗旨替えできます」と冗談めかす。近年、檀家の高齢化で、大きな法要でも本堂はがら空きだった。檀家のおばあちゃんたちが、「すっぱり建て直しゃあええが。もう、大きな本堂はいらんがね」と提案した、という。

 明敬寺(輪島市門前町)の次代住職、諸岡敏さん(52)は最近、「無理に寺の形を残さなくてもいいかな」と考え始めている。住職の父(84)は「5千万円の借金をしても寺を修復したい」という。気持ちはわかるが、宗教はそんなにやわなもんじゃない、とも思う。仮設住宅を訪ねて、ただ話し相手になったり、年寄りには難解な書類作成を手伝ったり。そんな経験を重ねるうち、「テントでも青空法話でもいいな」と考えるようになった。「地震が宗教の足元を見直すきっかけになった」

===========================================================

他の住職さんたちの気持ちもよくわかります。

次へ 

« 能登半島地震 被災から399日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災から400日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から399日め-1 | トップページ | 能登半島地震 被災から400日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック