« 能登半島地震 被災から376日め | トップページ | 能登半島地震 被災から378日め »

能登半島地震 被災から377日め

今回新築工事をしてくださる大工さんがケヤキの古材を再活用して下さらないというので、今日、友達の椀木地屋さん(ろくろでお椀などの木地を挽く仕事)に来て相談に乗ってもらいました。
椀や盆などの木地に利用してもらえないかと相談したところ、寺社の柱などに使われていた古材は縁起を担いで嫌がられるということでした。
私が気にしないことを世の中の人たちが気にするということを教えられました。
世の中、なかなか思ったようにはなりません。

昨日のことですが、お骨箱の前でお葬式のお参りをしました。
音信不通であった方が、東京のアパートで亡くなったという連絡が警察からあり、兄弟の方がお骨を持って帰って来られたのです。
わずか4人の参列でお参りをし、生家のお墓へ早速納骨をしました。
近頃はこういうお参りが時々あります。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から376日め | トップページ | 能登半島地震 被災から378日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から376日め | トップページ | 能登半島地震 被災から378日め »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック