« 能登半島地震 被災から392日め | トップページ | 能登半島地震 被災から394日め »

能登半島地震 被災から393日め

休みがもらえたからと、木曜日に次男が帰って来、今日、横浜へ戻って行きました。
次男の仕事は、SE(システムエンジニア)と呼ばれる仕事だそうです。
よくわからないのですが、コンピューター技術者の1種で、顧客の要求に応じたコンピュータシステムを構築し、納入するという仕事のようです。
IT産業は、現代の最先端の仕事ですが、実態は「新3K」と言われて、厳しい仕事の代表のようです。
新3Kは、「きつい」「帰れない」「給料が安い」と、劣悪な労働環境を指す代名詞だそうです。
新3Kにさらに「休暇が取れない」「規則が厳しい」「化粧がのらない」「結婚できない」を加えて、7Kというそうです。
次男の仕事も例外ではなく、かなりきついようです。
きつい仕事で大丈夫だろうか、ストレスで体を壊したりしないだろうか、心配しています。
きつかったら辞めてもいいと思うのですが、そういう親は、甘い親でしょうか?

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から392日め | トップページ | 能登半島地震 被災から394日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から392日め | トップページ | 能登半島地震 被災から394日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック