« 能登半島地震 被災から460日め | トップページ | 能登半島地震 被災から461日め -2 »

能登半島地震 被災から461日め -1

20080627_081
風呂・トイレが新しくなって、こまめに掃除をしています。
気持ちは分かります。

 

20080627_095
3男の長男への沖縄土産。
長男曰く、プッチョとはよい趣味だ。
プッチョという菓子がそれほど絶賛されるものだとは知りませんでした。

 

20080627_083
隣というか前というか境内に隣接した建物の蔦です。
緑がキレイです。

20080627_127
今夜は2輪が開きました。
今年は合計5輪咲きました。
母親が生きていたら、大騒ぎだったろうと思います。

 

20080627_084
今日のお向いのスタンド。
相変わらずの光景です。

 

昨日、一人暮らしだった伯父さんが亡くなっているのを発見されたという知らせをいただきました。
この伯父さんは、後を継ぐべき長男だったのですが、家を出て、遠く離れた地を転々とし、自由な生活をしていました。
数年前に奥さんに先立たれて一人暮らしをしていました。
来月末に故郷の地へ戻ることが決まっていた矢先の出来事でした。
羨ましいような自由気ままな人生だったと思いますが、伯父さんは自分の人生をどのように振り返っていたのだろうと思いました。

先日の秋葉原での通り魔無差別殺人の犯人は、青森県随一の進学校の卒業生だそうです。
しかし、そこから挫折が始まってしまったとのこと。
勉強はできるに越したことはありませんし、高学歴はすばらしいことだと思います。
しかし、それが人生の全てを決定するわけではありません。
私の友達に、中卒の元暴走族ですが、今は立派な社長というのがいます。
友達が幸せだと思っているのか、不幸せだと感じているのか知りませんが、人生は何がいいのか悪いのか分からないと思います。

伯父さんにとって、家を出て自由を手に入れたことが良かったのか悪かったのか分からないと私は思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から460日め | トップページ | 能登半島地震 被災から461日め -2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から460日め | トップページ | 能登半島地震 被災から461日め -2 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック