« 能登半島地震 被災から442日め | トップページ | 能登半島地震 被災から444日め -1 »

能登半島地震 被災から443日め

20080609_0042
三条教区・三条別院(新潟県)へ「震災シンポジウム」の意見発表者の一人として参加させていただきました。
車を運転することと、シンポジウムの時間帯にもうろうとしていてはいけないと昨日まで飲んでいた風邪薬を中止したのですが、会場に到着した頃から妙に汗ばんでもうろうとします。
風邪薬のせいではなく、体調がよくなかったからもうろうとしたのです。
わざわざ呼んでいただいたのに申し訳ありませんでした。

参加させていただいて感じたことは、こういうシンポジウムを開催することに意義があるということです。
能登ではこういう会議を開催するという気運がありません。
それぞれ不満があっても、お上に物申すという気概がない、だからお上になめられ切り捨てられてしまうのではないかと思いました。
保守王国、それは体勢を支え続けてきた者たちであるのですが、従順であるがゆえに逆に軽んぜられる者たちなのではないかと思いました。
さらに、能登は過疎先進地、利用価値はないとの判断もあるかもしれません。

そうひがむな、そんな声が聞こえてきますが・・・。

ちなみに、

               大谷派共済申請数  給付数   給付総額
2004年中越地震         55件       25件  2億8千万円
2007年能登半島地震      64件       10件   6800万円
2007年中越沖地震        38件       17件  2億3千万円

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から442日め | トップページ | 能登半島地震 被災から444日め -1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から442日め | トップページ | 能登半島地震 被災から444日め -1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック