« 能登半島地震 被災から435日め | トップページ | 能登半島地震 被災から437日め »

能登半島地震 被災から436日め

20080602_172
型枠工事が進められています。
素人目には、明日にもコンクリート打設のように見えます。

福井の従兄弟のお寺から帰るのを待っていたかのように、車をカーポートに入れるとご門徒の方がおいでました。
荷物も降ろさずに、御寄付の受付をさせていただきました。
昼食後に電話があり、午前中訪ねたけれども留守だったとのこと、早速、御寄付をいただきに伺いました。
ありがとうございました。

輪島へ帰ると寒い(涼しい)のに驚きました。
私も女房もあわてて着替えました。
金沢からまっすぐ北に向かって突き出た半島の先端だということを感じました。
気温の差が激しいせいでしょう、先月下旬から風邪ぎみなのが治りません。
今日も喉の痛みがぶり返しました。

 

20080602_162
この廊下は、左側が1~2cm地盤・基礎から下がっています。
大きく傾いた本堂がある間は大して気にならなかったのですが、本堂がなくなると気になります。
柱も内側に曲がって見えます。
この建物は、壁や建具の建て付けを修理するのみで、基礎の上下は諦めます。
この建物の被害判定は一部損壊で、こういう損壊程度の建物はどこまで修理して使うか、ということです。

 

20080602_177
設備屋さんが浴室・トイレの工事に来ています。
こちらはまもなく完工のようです。

今夜は、独居のおばあさんのお通夜にお参りしました。
息子さんたちは、都市部で生活しているので、これで1軒ご門徒がなくなるかもしれません。
おばあさんは、分割でご寄付してくださる予定だったのですが、これでご寄付もなくなるかもしれません。
などとあさましいことを考えてしまいます。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から435日め | トップページ | 能登半島地震 被災から437日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から435日め | トップページ | 能登半島地震 被災から437日め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック