« 能登半島地震 被災から491日め | トップページ | 能登半島地震 被災から493日め »

能登半島地震 被災から492日め

20080728_051 20080728_031
今朝から御拝(玄関)の唐破風の組み立てが始まりました。
ユニックを操作しているのは棟梁です。
操作を誤ると部材やこれまでの仕事を傷めてしまうので、子方には任せられないのでしょう。
その気持ちがとてもよくわかるように思いました。

そういう棟梁の元で働く大工さんたちも、とても部材を大切に扱います。
大工さんなら当たり前かもしれませんが、そういう当たり前のことがなかなかできないのではないでしょうか?
この大工さんたち、仕事の後片づけもきちんとします。
仕事が出来る人たちにとっては当たり前のことなのでしょう。

 

20080728_063
獏の彫刻が吊り上げられています。
ディズニーのダンボのように見えました。

 

20080728_097
20080728_111
小さい屋根なのですが、曲線なので厄介そうです。

タカラ・ユニットバスのコマーシャルで、震度6強の地震の実験が流されました。
私も女房もあんな揺れじゃなかったと思いました。
コマーシャルの揺れは小刻みなものに見えました。
私たちが体験した揺れは、揺れ幅がもっと大きかったと思います。
東北の地震と中越沖地震の比較で話題になっているキラーパルスという揺れが能登半島地震にもあったのだと思います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から491日め | トップページ | 能登半島地震 被災から493日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から491日め | トップページ | 能登半島地震 被災から493日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック