« 能登半島地震 被災から499日め | トップページ | 能登半島地震 被災から501日め »

能登半島地震 被災から500日め

20080805_020
今日は、大工さん、ペンキ屋さん、板金屋さん、設備屋さんが作業をしました。
ペンキ屋さんが塗った唐破風の部材、落ち着きと重厚さが出てとてもよくなったと思います。

 

20080805_040
正面の破風下東半分にステンレス板が貼られました。
大きな板なので折れや歪みができないように板金屋さんが丁寧に貼っているようです。

 

20080805_046 20080805_047
正面に虹梁や柱が上げられました。
もちろんこれも古材の再利用です。
漆が塗られています。

 

20080805_019
左は新築中の本堂、右は既存の会館・庫裏です。
本堂の外壁に合わせて既存部分にも板が貼られています。

 

20080805_018_2
既存部分の式台という玄関の柱です。
雨漏りがしていたのでしょう、シロアリの被害だと思うのですが柱がボロボロです。

 

20080805_049
今日の作業による正面の姿です。

 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から499日め | トップページ | 能登半島地震 被災から501日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から499日め | トップページ | 能登半島地震 被災から501日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック