« 能登半島地震 被災から550日め | トップページ | 能登半島地震 被災から552日め »

能登半島地震 被災から551日め

20080925_002_2 
20080925_004_2  
20080925_006_2  
今日の天気予報は、曇りのち雨、午後日本海側から雨、という予報でした。
しかし、朝からポツリポツリと雨が降り、午後は本格的な雨でした。
雨の中、瓦屋さんが作業をしていました。
午後7時のお参りに合わせて出かける時も、暗い中で撤収の作業が行われていました。

 

今日の午前中、金沢までお参りに往復しました。
今月金沢へ引っ越された方の家へお参りに伺いました。
引っ越しをキッカケに正覚寺と縁を切られる方が多い中で、ぜひお参りに来て欲しいとおっしゃってくださいました。
遠方までお参りしていただくに相応しいお布施は出来ませんとおっしゃるので、交通費で赤字にならなければどこへでも伺いますとお答えしました。
もし赤字でも、こんな私でなければとおっしゃってくださる、そのお気持ちをうれしく思います。 
それにしても、半日で金沢までお参りして往復できる、便利になったものだと思います。

 

昨日、職務で隣寺の住職に来ていただきました。
旧輪島市内で大規模な被災をしたのは正覚寺と隣寺の2ヶ寺です。
隣寺の住職に本堂をどのように復興されるつもりなのかお尋ねしました。
修復されるとのお答えでした。
同じように被災した隣りどおしの寺の一方は、解体・新築を選択しました。
一方の寺は、修復を選択しました。
小さな田舎町ですから、その違いは話題になると思います。
私は、本堂という建物の形式により寺とはなんぞやと問題提起したつもりです。
ですから、寺の復興が話題になることは批判を含めて本望です。
もちろん、正覚寺(門徒)の選択は、どのような評価がされようとも間違っていないと、今は自信があります。
だからといって、隣寺の選択が間違っているとも思いません。
それぞれの事情とそれぞれの思い・願いがあり、そこにそれぞれの価値があるのですから・・・。

次へ  震災トップへ

« 能登半島地震 被災から550日め | トップページ | 能登半島地震 被災から552日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から550日め | トップページ | 能登半島地震 被災から552日め »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック