« 能登半島地震 被災から535日め | トップページ | 能登半島地震 被災から537日め »

能登半島地震 被災から536日め

20080910_001_5
懸魚(げぎょ)という破風の下の飾りが取り付けられました。
あるべきところにあるべきものがある、そうする事によって落ち着く、そんな感じです。

 

200744_043
旧本堂の懸魚です。

 

今日は93歳のお婆さんのお葬式でした。
そして、今朝、86歳のお婆さんが亡くなられたというお知らせを受けました。
昨日・今日とカラットしたすごしやすい日でした。
蒸し暑さから解放されてホッとしましたが、気がゆるむと命が危ないのでしょうか?
そういえば、これからの季節に食中毒が多いと言われています。

 

今日亡くなられた方の遺族の希望は、明日がお通夜、明後日がお葬式という日程でした。
明後日は友引、親戚に六曜にこだわる人がいれば日程が変更されるだろうと覚悟していたのですが、すんなりとそのままの日程に決まったようです。
誰も気にしていなかったようだ、それにとてもうれしく思いました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から535日め | トップページ | 能登半島地震 被災から537日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から535日め | トップページ | 能登半島地震 被災から537日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック