« 能登半島地震 被災から564日め | トップページ | 能登半島地震 被災から566日め »

能登半島地震 被災から565日め

20081009_010 
内陣側鴨居の上の幕板が設置されました。

 

20081009_001 20081009_009  
今日は暑い日中でした。
若い大工さんはTシャツ1枚でした。

 

20081009_013  
隣というか、前というか、正覚寺に面した外壁に夏頃からハチが巣を作っています。
冬になったら便利屋良ちゃんに撤去してもらう予定です。
数年前にも良ちゃんに会館・庫裏の外壁の蜂の巣を撤去してもらいました。

 

今日の午後、花壇や塀などの工事現場を見ていたら、声をかけられました。
本堂を指差して、この建物はどのような建物ですか?と訊ねられます。
単なる本堂です、と答えると、本堂ですか?と驚いたように言われるので、本堂が壊れたのですから、本堂を建てるのは当たり前のことでしょう、とお答えしました。
すると、お葬式の時には椅子を使うのでしょう?とおっしゃるので、ご門徒の要望で平常も椅子を使う本堂です、とお答えしました。
その方は印刷屋さんで、今日は営業に来たとおっしゃいます。
本堂を使ってお葬式にする時に印刷物を回して欲しいとのことでした。
そういうことは私にはお答えできないのでご門徒にお伝えします、とお返事しました。
セレモニーホールを建てていると思って営業に来られたのだろうと思いました。
地震で本堂が傾いた寺が、ご門徒から寄付を集めて本堂を建てずにセレモニーホールを建てるはずがない、そんなことは常識だと思うのですが、今後も完成が近づくにしたがってこういう勘違いをした営業が来ることを覚悟しなければならないだろうと思いました。
それにしても、少しイラっとしました。

 

夕べから2ちゃんねる(インターネット掲示板)で、真宗大谷派の熊谷宗務総長が辞意を表明したという情報が流れていましたが、今日、京都市の本山・東本願寺で記者会見し、任期途中で辞任する意向を表明したそうです。
何があったのか私のような末端の住職には分かりませんが、熊谷宗務総長は、来年9月まで任期があるので、途中で止めなければならないほど行き詰まった大きな事情があるのでしょう。
私に想像できるのは、本山の維持費の御依頼(上納金)の分割法でもめているのではないかということです。
本山は、維持費の負担を全国的に平均化しようとしていたのですが、これまで負担が小さかった地域が負担増に対して抵抗しているのではないかと思います。
正覚寺とすれば、少し負担が軽くなったところですので、逆戻りしないことを願います。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から564日め | トップページ | 能登半島地震 被災から566日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から564日め | トップページ | 能登半島地震 被災から566日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック