« 能登半島地震 被災から623日め | トップページ | 能登半島地震 被災から625日め »

能登半島地震 被災から624日め

081207_160752 081207_163055 
毎月お爺さんの命日にお参りさせていただいている一人暮らしのお婆さんです。
月曜日と木曜日にヘルパーさんの訪問介護を受けています。
とても元気とはいえ、90歳を過ぎての一人暮らしなので少し心配です。
少しでも長くお邪魔してあげようと思うのですが、話題もなく・・・、帰りは少し辛い思いです。

 

先日の建設会社の破綻、一方では憶という支払いを踏み倒してのうのうとしている人がいて、一方では金が入らなくて泣く人がいます。
世の中は理不尽、図太く図々しい人をうらやましく思いますが、小心でお人好しの私にはとてもまねはできません。
私は私らしく生きるしかありません。

 

今夜は、
「NHKスペシャル
 ドラマ・最後の戦犯
  戦争犯罪に問われた男の3年半の逃亡生活
 家族の悲劇・手記が語る戦犯の素顔と苦悩」
というドラマを視ました。
戦争の映画やドラマを視るたびに戦争のない時代、平和な時代に生まれてきて良かったと思います。
私のように腕力がなく武道が弱い、臆病でひ弱な者が立派な兵隊になどなれるはずがありません。
そして、今夜のドラマは、上官の命令に従って捕虜を殺したために戦犯にされた元・軍人の話しでした。
兵隊が命令に逆らえるはずがありません。
なのに命令に従ったために犯罪人。
理不尽な話しです。
裁かれるべきは、命令をした者、戦争の首謀者であるべきです。
堂々と理不尽がまかり通る、それが戦争だと思いました。

 

テレビを視ていたら、ローカルな案内で「さびしさ」という言葉が使われていました。
私は、「さみしい」が標準語で、「さびしい」は方言じゃないかと思いました。
しかし、茶道ではわび(侘)・さび(寂)と言いますから、さみしい(淋しい)、さびしい(寂しい)かもしれないとも思いました。
広辞苑で調べてみると、さみしい(淋しい・寂しい)、さびしい(淋しい・寂しい)ともありました。
勉強しました。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から623日め | トップページ | 能登半島地震 被災から625日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から623日め | トップページ | 能登半島地震 被災から625日め »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック