« 能登半島地震 被災から677日め | トップページ | 能登半島地震 被災から679日め »

能登半島地震 被災から678日め

今日はご門徒の方が亡くなられて枕勤めのお参りをさせていただきました。
枕勤めに携帯する手帳を見ると、去年の10月末以来3ヶ月ぶりのお葬式です。
お勤めが終って話していると、ご主人がおっしゃいます。
新しい本堂でお葬式をされた方はいらっしゃらないのですか?と。
御法事をされた方はいらっしゃいますが、お葬式をされた方はいらっしゃいません、とお答えすると、
1番というのはラッキーですね、ごえんさん、とおっしゃいます。
さすがにお葬式をすることがラッキーだなんて私には言えませんでしたが、ご門徒の意識として、本堂でお葬式をして家族を送ることを喜んで下さっていることがよくわかりました。

お内仏(仏壇)の花瓶(かひん)と華瓶(けびょう)に樒(しきみ)が立てられていました。
これでいいのですね?っと訊ねられるので、これが正しいです、とお答えしました。
ところが、お勤めが終ってから、女性がお花を買ってきたので立て替えましょうか?とおっしゃいます。
これでいいのですよ、とお答えすると、せっかく買ってきたのに・・・とおっしゃいます。
申し訳ありませんが、正しいお飾りをわざわざ間違いにする必要はないでしょうとお答えしました。
色花の入った仏花がないから代用に樒が立てられていると思われていたようです。 

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から677日め | トップページ | 能登半島地震 被災から679日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から677日め | トップページ | 能登半島地震 被災から679日め »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック