« 能登半島地震 被災から696日め | トップページ | 能登半島地震 被災から698日め »

能登半島地震 被災から697日め

先日、ご門徒からご法事の日程のご連絡があったそうです。
午前11時からということだったそうです。
女房は、読経後納骨をすると1時間半かかるので10時半に始めるとちょうどいいですよ、10時半にするか11時にするかもう一度相談して下さい、と言って電話を切ったそうです。
それを聞いた私は、10時半にも11時にもならないんじゃないかと思いました。
相手が希望している11時にしてくれればよかったのに、どうして女房はもう一度相談しろと言うまで10時半にこだわったのだろうと思いました。
相手の立場なら、11時と申し込んで考え直せと言われて、やっぱり11時にしますとは言いにくいでしょう。
だからといって、○○時30分という時間を中途半端だと嫌う人がいるのです。
コンサートの開演時間は午後6時30分が多いのだし、12時頃にお斎(昼食・会食)を始めたいのですから、それに合わせて10時30分に始めればいいと思うのですが・・・。
今夜、そのご法事を勤める家へお参りに伺いました。
ご法事の時間を尋ねると、午前10時ということで招待状を出してしまったとのことでした。
私は、やっぱり!と思いました。
女房は、親切のつもりで10時半にすればどうだと言ったのですが、それがかえって悪い結果になってしまいました。
たかだか30分くらいいいじゃないかと思われるでしょうが、私はそのご法事が憂鬱です。
納骨終了後お斎まで何もすることのない、ただじっとしているしかない手持ちぶさたな待ち時間30分ができてしまいました。
納骨にお墓へ行く家族・親族はまだしも、そうではない客にとっては、納骨の時間30分程度待った上にもう30分待たされることになります。
ただただ間延びした長い時間を過さなければならず、それがとても疲れるのです。
電話のあった時に10時半か11時に決めて欲しかった、そう思います。
女房が悪かったのは、中途半端に自分の意見を伝えて、相手任せにしてしまったことだと思います。
相手にすれば、11時は遅いと断られたから10時ならいいと判断したのでしょう。
11時を遅いと伝えたら10時にしてしまうかもしれない、そこまで配慮しなければならなかったと私は思いました。
たかだか法事の時間30分のことで色々考えて不機嫌になる、こんな私を女房はウザったいと思っているんだろうと、隣にいて思います。 coldsweats01

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から696日め | トップページ | 能登半島地震 被災から698日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から696日め | トップページ | 能登半島地震 被災から698日め »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック