« 能登半島地震 被災から686日め | トップページ | 能登半島地震 被災から688日め »

能登半島地震 被災から687日め

20090208_002 
昨春、旧本堂ケヤキ古材の仕分けをしていたら、人づてに古材を譲って欲しいとやってきた人がいました。
輪島塗の木地屋さんで、1番太い虹梁を譲ってあげました。
いくら?と聞かれたのですが、売っているのではないと言うと、礼を言って持っていかれました。
私はお金を下さらなくとも、お礼に古材で作られたお皿の1枚も下されば気持ちがいいのに・・・と思いましたが、そのうちに忘れてしまっていました。
昨日、遅くなりましたがどこかに飾って下さいと言って、その木地屋さんが写真の香合を持ってこられました。
忘れていたのですが、何となくすっきりとした気持ちになりました。
それにしてもこの香合、直径が30cm弱あります。
古材が大きかったので大きなものにされたのか、寺だから大きなものがいいと思われたのか・・・小さな新本堂にはもてあます大きさです。
香合と決め付けずに使わせていただきます。

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から686日め | トップページ | 能登半島地震 被災から688日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から686日め | トップページ | 能登半島地震 被災から688日め »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック