« 能登半島地震 被災から693日め | トップページ | 能登半島地震 被災から695日め »

能登半島地震 被災から694日め

20090215_001 
私が塗り物をするのは、これまでは5月から10月でした。
昨年末から真冬にも塗り物をしてみるのですが、曇ったような仕上りになってしまいます。
乾かす時の湿度に問題があるのだと思います。
プロのように温度と湿度を管理できる設備があるわけではないので、初体験の条件ではなかなか思ったようには行きません。
しかし、それだけにきれいに仕上がった時に満足感・達成感が味わえます。
自己満足ですが・・・、趣味とはそんなものでしょう。

 

お葬式にお参りすると気になることがあります。
昨日お参りさせていただいたお葬式もそうでした。
三匝鈴(さそうれい)というキンを打つ役の僧侶が儀式の途中で合掌の合図の声をかける場面があるのですが、私にはその言葉がとても気になるのです。
「合掌をお願いします」、「合掌願います」、「合掌して下さい」・・・このような言葉が多いのですが、それがとても気になります。
合掌・念仏は、僧侶がお願いをしてしていただくものなのだろうかと考えるのです。
我が名を称えなさいと呼びかけてくださっているのは阿弥陀仏であり私たち僧侶ではありません。
「一同、合掌!」と声を掛けると、号令のようで高飛車だと、丁寧にへりくだっているつもりなのでしょうが、それでは私が呼びかけていることになってしまうのではないでしょうか?
阿弥陀仏の呼びかけをお伝えするだけ、そういう意識があれば「合掌をお願いします」とは言わないと思います。
「合掌して下さい」これが限界だと私は思うのですが、言葉尻にこだわり過ぎですかね?

次へ 震災トップへ

« 能登半島地震 被災から693日め | トップページ | 能登半島地震 被災から695日め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能登半島地震 被災から693日め | トップページ | 能登半島地震 被災から695日め »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック